ぼくの心

ぼくの心
行くなといえば 行きたくなる
言うなといえば 言いたくなる
困ったものだと思っても
どうにも勝手な ぼくの心
不自由不足を味わって
自由の有り難さがわかる
知足の尊さがわかる
涙を流して
人の心の悲しみがわかる
だから 人の世の苦しみ悲しみ
歓迎まではできないが
逃げないで 向き合おう
苦しみを深くするほど
ぼくの心も深くなり
広くなるから
いのちの響きという本の一節です。
無造作に開いたらこの詩(ページ)に出会いました。
いい詩ですね。

NHK 日テレ 私たちの取り組みがマスコミに紹介されました。マスコミの皆様、ありがとうございます。

まずはお気軽にお問い合わせください。相談無料!!
資料請求 六代目当主への無料個別相談会