私たちは大豆生田社長のお人柄、誠実さ、信仰心に日頃から信頼を寄せていました。

住職をしていた母が突然永眠致しました。
父は昭和45年に亡くなっており、母は父の死体遺志を継ぎ、第44世覚本寺住職として寺を守って参りました。両親とも出家しておる身である為、いわゆる「三国家」として同じお墓に入ることは出来ません。その為、歴代住職墓地に仲良く並んでお墓を建立することになります。
別々とはいっても、父と母は夫婦だった訳ですから、なるべく父の墓と同じような五輪塔(※)を77日忌までに建立する予定となりました。
そこで石材店を選ぶに当たっては、仕事が丁寧かつ誠実で謙虚、信仰心の深い店主ということが条件になって参ります。
私共は大豆生田様のお人柄、誠実さ、信仰心には日頃から信頼をお寄せしておりましたので、迷わずお願いすることに決めました。

墓石の角を少し丸くすることによって女性らしくというご提案などのお心遣いを頂き素敵な五輪塔が出来上がりました。
水輪の球の部分は母が微笑んでいるような気が致します。これも仏縁によるものと母も喜んでいると思います。本当にありがとうございました。

こだわりのポイント

三国様には、「父と母が夫婦であったことをカタチにしたい」という思いがありましたので、亡きご主人の隣に、同じ五輪塔を少し小さめにして建立いたしました。「同じ形の五輪塔…」でというご要望がありましたので、あえて同じ形にした上で、大きさは女性らしく少し小さくしました。
また、かどを曲面にすることで女性らしさを表現し、材質もご主人と同じ小松石にこだわりました。
二基の五輪塔が寄り添うように並んでいるところを見ますと、うまく調和が保て、ご夫婦の生前の仲の良さを感じていただける墓石となったと思います。

匠 の 技

五輪塔というのは、五つの部分から成る供養塔で、下から地輪は方、水輪は球、火輪は三角、風輪は半球、空輪は宝珠形で、万物を構成する地(ち)・水(すい)・火(か)・風(ふう)・空(くう)の五つの要素を表しています。制作過程において、熟練のワザが大変要求される高度な墓石といえます。

1つひとつの作業を丁寧に、そして信仰心をもってあたります。そんな私達の姿に、三国様も安心していただけたようでした。墓石作りは積木を積み上げるような作業ではありません。当社は、スタッフ全員が先祖供養の精神をもって、誠実にお墓をお作りします。

こよなく愛された作詩活動「終止の譜」

三国様の想いを、ひとつひとつ、
カタチにしてくことから始めました。

今回ご紹介のお客様は女性住職、覚本寺和尚のお墓です。生前から穏やかで誰からも愛された方でした。また、生前多くの詩を残されており、特に「終始の譜」は私の涙をさそいました。是非、詩と共にご覧ください。
今回の場合、浄盛和尚様と先代の亡きご主人とは、お互い出家している御身のため、「三国家」として同じお墓に入ることは出来ません。
私達は、「でも、父と母は夫婦であったのだから…」という三国様の思いをカタチにしていくことから始めました。

お墓作りのワンポイントアドバイス

五輪塔は、日本では平安末期から埋葬墓、供養墓として多く使われるようになりました。以来、現在に至るまで、常に日本人に愛され続けており、墓所における存在感は、格別のものがあります。当社展示場でも、こだわりの一品を展示しておりますので、ご興味を持たれた方は、ぜひ実物をご覧になってみて下さい。きっと魅了されると思います。

清水様:墓石建立

メッセージを読む
一覧へ戻る

宗像様:墓石建立

メッセージを読む

瑞泉院様:墓石建立

メッセージを読む

西浦様:墓石建立

メッセージを読む

辻本様:墓石建立

メッセージを読む

NHK 日テレ 私たちの取り組みがマスコミに紹介されました。マスコミの皆様、ありがとうございます。

まずはお気軽にお問い合わせください。相談無料!! TEL:0284-21-9348